交通事故被害で請求できる慰謝料には傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料があります。傷害慰謝料とは、いわゆるケガ・傷害に対する慰謝料であり、交通事故被害によって負ったケガや傷害の治療の為に、入院や退院後も通院をしなければいけない場合に被った、肉体的・精神的な損害賠償をする慰謝料になります。長期間に渡る苦痛や、検査やリハビリをしなければいけない損害に対する迷惑料という位置づけになります。

傷害慰謝料の場合、入通院の期間、ケガを負った部位やケガの程度によって相場が決まってきます。通常のケガ・傷害の場合には、原則、通院期間により算定されますが、何度も手術を余儀なくされる場合等、治療に伴う苦痛が大きい場合には、傷害慰謝料は高額になることがあります。ただし、ケガの種類がムチウチ症や軽い打撲、通院頻度が少ない場合には相場よりも減額されることもあります。

交通事故被害は、その瞬間のショックよりも、ケガや傷害を負った場合の将来の不安の方が大きくなります。その為にも適正な慰謝料を請求し、最大限の保障を受ける必要がありますので、専門家である弁護士への依頼がお勧めです。まずは無料相談から始めてみるとよいでしょう。