交通事故被害で請求できる慰謝料

交通事故に遭ったときに請求できる慰謝料について

ケガ・障害の慰謝料

交通事故被害で請求できる慰謝料には傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料があります。傷害慰謝料とは、いわゆるケガ・傷害に対する慰謝料であり、交通事故被害によって負ったケガや傷害の治療の為に、入院や退院後も通院をしなければいけない場合に被った、肉体的・精神的な損害賠償をする慰謝料になります。長期間に渡る苦痛や、検査やリハビリをしなければいけない損害に対する迷惑料という位置づけになります。

傷害慰謝料の場合、入通院の期間、ケガを負った部位やケガの程度によって相場が決まってきます。通常のケガ・傷害の場合には、原則、通院期間により算定されますが、何度も手術を余儀なくされる場合等、治療に伴う苦痛が大きい場合には、傷害慰謝料は高額になることがあります。ただし、ケガの種類がムチウチ症や軽い打撲、通院頻度が少ない場合には相場よりも減額されることもあります。

交通事故被害は、その瞬間のショックよりも、ケガや傷害を負った場合の将来の不安の方が大きくなります。その為にも適正な慰謝料を請求し、最大限の保障を受ける必要がありますので、専門家である弁護士への依頼がお勧めです。まずは無料相談から始めてみるとよいでしょう。


請求できる慰謝料とは

交通事故被害に遭われた場合に請求できる慰謝料について、大きく三種類があります。ケガ・傷害の治療による精神的苦痛に対する慰謝料である「傷害慰謝料」、後遺症が残った精神的苦痛に対する慰謝料である「後遺障害慰謝料」、被害者が死亡した場合の精神的苦痛に対する慰謝料である「死亡慰謝料」です

慰謝料後遺症状とは、交通事故被害により受傷したことにより、治癒しないまま残ってしまった機能障害や神経症状等のことを指しています。この後遺症状には、ムチウチ、手足の痺れのような軽度とされるものから、手足が動かなくなってしまったという重度とされるものまで、幅広い症状について対象としています。後遺障害が残った場合、痛みや痺れが残ったり、美容上の問題、日常生活への悪影響が出てしまいますが、後遺障害慰謝料とは、こういった精神的損害について請求できる慰謝料となります。

死亡慰謝料とは、不幸にも被害者が死亡した場合に、その遺族に支払われる慰謝料になります。死亡慰謝料については、亡くなった被害者に対する慰謝料と、残された遺族に対する慰謝料に分かれています。その慰謝料額は、被害者の家庭内における立場によって相場が決まっていますが、加害者の過失の程度や遺族の悲しみ程度によっても異なってきます。


交通事故被害の対処

交通事故被害に遭われた場合、最も気になる点は、請求できる慰謝料についてだと思います。慰謝料とは、被害者の精神的苦痛をお金に換算したものであり、数値化するには判断が難しい問題となります。その為、数値化をする場合に基準として自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準という三種類の基準に基いています。

電卓自賠責保険とは、自動車を運転する人に必ず加入する必要がある保険のことをいいます。交通事故被害に遭われた場合、まず自賠責保険から保険金が支払われます。その為、自賠責保険基準とは、交通事故被害に遭った際の最低限保障基準であり、三種類の中で最も低い基準となります。任意保険とは、自賠責保険でカバーしてもらえない損害部分の補償の為の保険として加入します。自動車保険として認識されている保険になりますが、自賠責保険の補填的補償を目的とした保険である為、自賠責保険基準よりは高くなりますが、保険会社により異なり、非公開ですので、外からは何も確認できないという不透明な部分があります。弁護士基準は、裁判所基準とも呼ばれ、判例等をふまえて東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表している基準であり、最も高額な基準として、慰謝料の算定基準として運用されています。

一般的に、交通事故被害に遭われた被害者は個人で交渉をされることはありません。ただし、知識として知っておくことで安心感が異なりますので、ここでは、請求できる慰謝料について說明します。